パチンコの立ち回りに役立つ理論と考え方カテゴリの記事一覧

パチンコで負けないって、どういうこと?

パチンコで負けないって、どのような状態だとみなさんは考えますか?

こんにちわ!パチンコで負けない立ち回りを実践するのに役立つ考え方や数式を紹介してゆく、このサイトの運営者、友紀と申します。

私は26歳になる会社員で、パチンコ歴8年になります。初めてパチンコを打ったのは高校を卒業して、会社に入ったばかりの18歳の時でした。友達に誘われてパチンコ店に行ったのがきっかけです。

初めて打ったパチンコは海物語だったんですが、ビギナーズラックで5万円ほど勝ってしまいました。以来すっかりパチンコの期待感を煽る演出や大当たり絵柄が揃ったときの達成感に魅せられてしまい、現在まで暇な時間があればパチンコ店に通うような生活を送っています。

パチンコを打ち始めてからしばらくの間は、あまりパチンコの収支や立ち回りを気にしたりせず、ゲーム感覚でパチンコを楽しんでいました。しかし、2年程前からあることがきっかけで、パチンコの立ち回り方がガラッと変わってしまいました。

そのきっかけとは、3年前にパチンコを打たない友達と貯金がどれくらいあるか話をしたときにさかのぼります。その友達が数100万円の貯金があると聞いて私はびっくりしてしまいました。そのときの私は貯金と呼べるようなものはほとんどありませんでしたから。

なんで友達とお金の貯まり方にこんなに差がでてしまったのか。

答えは、どう考えてもパチンコで消費したとしか考えられません。

そこで、3年前からパチンコを打つ度に収支を記録するようにしました。そして記録を付け始めてから最初の1年間の収支を集計してみた結果は、

ガーン!マイナス60万円です。

もしもこのペースでそれまでの6年間パチンコで負け続けていたとすると、360万円もパチンコ店に貢いでいたことになります。これじゃ、お金なんて貯まる分けないです。これだけお金があったら、車や高級ブランド品が余裕で買えてます。

普通、こんな集計結果が出たらパチンコを止めちゃうところですが、すっかりパチンコの魅力にはまってしまった私は、パチンコを止めようなんて気はさらさら起きませんでした。

このことがきっかけで、パチンコでどう立ち回れば負けないか、必死で考えるようになりました。

まず私が最初に考えたことは、「パチンコで負けないってどういうことなんだろう?」という疑問です。

パチンコの大当たりは玉がスタートチャッカーに入る度にある確率で抽選されます。ですから、運良く立て続けに大当たりを引いて大勝ちする日もあれば、1000回転はまりで撃沈してしまう日もあります。つまり、大当たりを自分の思い通りに引くことはできないので、パチンコを打つ度に毎回勝つことは不可能です。

となると、パチンコで負けないためには、勝ち負けを繰り返しながらもある程度の期間でトータル収支をプラスに持って行くしかないわけです。これが最初の疑問に対して私が出した答えです。

この疑問からスタートして、私はパチンコの長期的な収支をプラスにするためにどうすべきか答えを探すため、確率というものについて一生懸命勉強してみました(一応、高校時代は理系だったので数学はそれなりに得意です)。そして、パチンコの収支をプラスにするための立ち回りのポイントに気づいて行きます。

このサイトでは、私の確率の勉強から得たパチンコの立ち回りに必要な考えた方や、知識として知っておきたい数式について説明していこうと思います。このサイトを閲覧された方が、パチンコの収支を安定させ、末永くパチンコを楽しむことできるようになって頂ければ幸いです。

では、これからよろしくお願いします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。