パチンコのボーダーラインへの出玉およびプレー時間の影響

パチンコのボーダーラインは大当たり出玉の違いやプレー時間でどのように変わるのでしょうか?

こんにちわ!「パチンコ、負けない立ち回りと確率の密接な関係」の管理人、友紀です。

前回の記事では、パチンコのボーダーラインと換金率の関係についてお話しました。

今回はパチンコのボーダーラインに影響する換金率以外の要因についてお話します。

まず、前回の記事で説明したボーダーラインの計算式をもう一度見てみましょう。台の大当たり1回当りの平均出玉をD、連チャン継続率をPc、初当たり確率をp、持ち玉比率をα、換金率をβとするとボーダーラインは以下の計算式で表されます。

パチンコのボーダーラインの計算式

ボーダーラインを構成するパラメーターのうち、連チャン継続率Pcと初当たり確率pは台のスペックで決まってしまう値です。パチンコを打つ状況によって変化することはありませんので、立ち回りであまり気にすることはありません。パチンコ店によって変化する換金率βの影響については前回説明しました。

今回お話しするのはこの他の要因、平均出玉と持ち玉比率のボーダーラインへの影響です。

まず、平均出玉についてですが、これは以前説明したようにパチンコ店の出玉カットの大きさで変化します。また、大当たり中の打ち方でも変化します。

パチンコの大当たり中はラウンド間の2〜3秒アタッカーが閉じますので、ラウンド間も玉を発射し続けるとむだ玉になります。大当たりが15ランドの場合、ラウンド間は14回ありますから、大当たり中の30〜40秒はアタッカーが閉じていることになります。ですから、大当たり中ずっと玉を発射し続けると50〜70個がむだ玉になります。

では具体的に平均出玉が変わるとボーダーラインがどのように変化するか計算してみましょう。スーパー海物語M55Wについて計算してみます。この台はPc=0.695、p=1/369.5です。持ち玉比率を70%(α=0.7)として、出玉数1600から1700個の範囲で各換金率のボーダーラインを計算した結果を以下の表に示します。

ボーダーラインと出玉数の関係(スーパー海物語M55W)
平均出玉/個↓ 換金率β/円→2.533.54
160020.819.418.417.6
165020.118.817.817.1
170019.618.217.316.6


表からわかるように出玉が少なくなるほどボーダーラインは高くなります。スーパー海物語M55Wの標準的な出玉数は1700個ですが、出玉が100個少なくない1600個の場合だと1700個場合に比べてボーダーラインは換金率にもよりますが1から1.2高くなります。

このように出玉が標準値から減るほど、勝負が不利になります。ですから、パチンコの立ち回りでは、出玉カットがきついパチンコ店を避けること、大当たり中は止め打ちを実行してむだ玉を無くすことがとても重要になります。

次に持ち玉比率の影響についてお話します。前回の記事でも説明しましたが、デジパチを丸1日打った場合の持ち玉比率は70%前後になります。しかし、プレー時間が短くなると持ち玉比率は低くなります。

例えば、会社帰りに2〜3時間プレーするケースでは持ち玉比率が50〜60%に留まることが知られています。このことから短時間勝負ではボーダーラインが高くなることが容易に想像できます。では実際に計算してみましょう。

先ほどと同じく、スーパー海物語M55Wについて計算します。平均出玉は1700個とし、持ち玉比率50〜70%(α=0.5〜0.7)の範囲で各換金率についてボーダーラインを計算した結果を以下の表に示します。

ボーダーラインと持ち玉比率の関係(スーパー海物語M55W)
持ち玉比率α↓ 換金率β/円→2.533.54
0.521.519.317.816.6
0.620.618.817.516.6
0.719.618.217.316.6


ボーダーラインに対する持ち玉比率の影響は換金率によってかなり変わってきます。

等価交換の場合、ボーダーラインは持ち玉比率の影響を一切受けますん。これは以前説明した等価交換のボーダーラインの計算式を見てもらえば分かりますが、計算式に持ち玉比率が入っていません。等価交換の場合、現金投資と持ち玉遊戯での投資玉数1個当りの値段が同じですので、ボーダーラインに対する持ち玉比率の影響はありません。

換金率が下がってくると持ち玉比率の影響は大きくなってきます。換金率2.5円のケースではα=0.5の場合、α=0.7の場合に比べてボーダーラインが1.9も高くなってしまいます。換金率3円や3.5円の場合でもここまでの差は出ませんが、持ち玉比率が下がってくるとボーダーラインは高くなります。

このように短時間勝負では等価交換の場合を除き、丸1日プレーする場合に比べてボーダーラインは高く不利になります。特に換金率が低い場合、ボーダーラインのアップは顕著です。

ですから、短時間勝負でパチンコを打つ場合は換金率が高いパチンコ店を優先的に選ぶこと、また、高回転率の台を打てるように信頼度の高いイベントを行っているパチンコ店を選ぶことが立ち回りとしては重要になります。1時間勝負みたいな無謀なプレーは厳禁です。

以上、パチンコのボーダーラインに対する出玉とプレー時間の影響についてお話しました。次回はボーダーラインとパチンコの期待収支の関係についてお話します。

今日はここまで。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。