パチンコのボーダーライン計算(等価交換のケース)

パチンコの台選びで目安になる回転率「ボーダーライン」はどのように決まるのでしょうか?

こんにちわ!「パチンコ、負けない立ち回りと確率の密接な関係」の管理人、友紀です。

前回の記事では、パチンコの投資玉数(投資金額)と回転率の関係についてお話しました。

パチンコを打つ時の投資玉数(投資金額)は回転率が高い程少なくなります。つまり、それだけ収支がプラスになる可能性が高くなります。では回転率がどれだけ高ければ期待収支はプラスになるのでしょか。

期待収支がプラスになるか、あるいはマイナスになるかの境目の回転率をボーダーライン(単にボーダーと言うこともあります)と言います。今回はボーダーラインがどのように決まるのかお話したいと思います。

まず、単純なケースとして等価交換のパチンコ店で打った場合を考えてみます。等価交換の場合、トータル出玉とトータル投資玉数の差がプラスになればパチンコの収支はプラスになります。この出玉と投資玉数の差のことを差玉と言います。

トータルn回転プレーしたときの差玉(ここではDdとします)の期待値を数式で表してみましょう。以前の記事で説明した大当たり1回当りの平均出玉Dとトータル大当たり回数の期待値Haveをかけ算したものがトータル出玉になります。トータル出玉から前回の記事で説明したトータル投資玉数Dlを差し引くと、差玉は以下の計算式で表されます。

パチンコの差玉の計算式

式中のpは初当たり確率、Pcは確変時短中の連チャン継続率です。この差玉Ddが丁度ゼロになるときに収支もゼロになります。ですからDd=0と置いて差玉がゼロになる回転率xを求めると、期待収支が±0になる回転率になります。

この回転率が等価交換でのボーダーラインになります。パチンコの期待収支は台の回転率がボーダーラインを超えた場合にプラスになります。ですから、パチンコの立ち回りでは常にボーダーラインを超える台を選んで打つことが重要になります。

ボーダーライン(ここではxbとします)は上記の式から以下の計算式のように求まります。

等価交換でのパチンコのボーダーラインの計算式

では実際のパチンコ台についてボーダーラインを計算してみましょう。例としてスーパー海物語M55Wのケースで計算してみます。この台の平均出玉Dは1700個、初当たり確率pは1/369.5、連チャン継続率は0.695(69.5%)となります。これらの数値をさっきの数式に代入すると、ボーダーラインxb=16.6となります。

つまり、等価交換のパチンコ店でスーパー海物語M55Wを打った場合、回転率が16.6以上の台であれば期待収支はプラスになります。回転率が16.6以上であることが台選びの基準になるわけです。

換金率が等価交換より低い場合、ボーダーラインの計算は少し複雑になります。このケースについては次回お話したいと思います。

今日はここまで。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。